私の電話占いの思い出

私の電話占いの思い出

あなたは占いにハマり過ぎてしまったことはありますか?

私は実はハマり過ぎてしまった時期があります。

しかも最悪なことに、その占い師というのが、かなりの悪徳占い師だったのです。

私の場合占いを始めたきっかけば、よくある話で恋愛をどうしても成就させたいというものからでした。

その始めた時の恋愛は片思いで、その相手は同級生だったのですが、見た目も雰囲気も結構大人びていました。

そういう雰囲気から「彼は年上好き」っていう噂があったんです。

そういう噂が本当か嘘かはわかりませんが、同学年でも年下に見られるような自分が相手にしてもらうことができなかったのです。

上手くいかないので、もうこの恋は諦めようと思っていた矢先に「その恋100%成就させます」というフレーズの占い師を見つけてしまったんです。

その相談する金額も学生の私でも無理が無いくらいのものでしたので、本当に軽い気持ちで相談してみることにしたんです。

そうすると本当にテレビで見るような「THE占い師」的な女性が現れて、自分の性格や過去なんかを次々と当てていったのです。

そんなに当てられると「この人本物だ!」と思ってしまうものです。

初めの相談で勧められた小さな水晶を購入してしまいました。

金額的にも4000円というものだったので、これくらいなら…という気持ちにさせられたんです。

でもこれを購入しても恋愛が動くことは無かったのです。

これは軽くクレームじゃないですか。

そんな気持ちを思って、改めて相談に行くと「あなたの気持ちが揺れているから…」といった誰にでも当てはまるようなフレーズを言われて、今度は気持ちの強さを得るものという理由でブレスレットを勧められたのです。

まあ私の場合これで気付けたから良かったと思うのですが、最後まで悪徳占い師だったことに。

今度はこんな悪い占い師でなくて、ほかのきちんとした占い師はいないかな…と思って探したのが「電話占い」というものなのです。

顔を見ていないからというのもあって、本当に気楽に相談ができるものなのです。

雰囲気で酔わすっていうのが、無いじゃないですか。

鑑定もきちんと当たっているし今では本当に満足しています。

タイトルとURLをコピーしました