電話占い師が水晶占いをするということについて

電話占い師が水晶占いをするということについて

水晶占いはミステリアスな感じがありますね。

水晶玉を占い師が凝視します。

その水晶の中に映し出される物体の陰影や物理的な現象を占い師が感じとります。

それによって質問者の未来を鑑定したり悩みに答えたりします。

英語では「クリスタルロマンシー」とか「クリスタルゲージング」と呼ばれることもあります。

水晶占いの方法は二つに区分されます

1番目は<スクライイング>と呼ばれます。

本来ならば水晶玉に映し出されることがはない「過去や未来の映像」「遠距離の映像」「心の中に隠されている映像」が断片的に浮かび上がります。

この映像からさまざまなことがらを鑑定して読み取っていく方法です。

2番目の方法は、何かしらの記号や絵を水晶玉に映し出す方法です。

これらの絵や記号をヒントにしながら質問者の運勢や未来を占います。

一般的にはこの2番目の方法が水晶占いの主流になっているようですね。

スクライイングは特殊な能力が重要です。

高度の霊感や資質が必要になります。

2番目の方法は、水晶玉に映った暗示を読み取る能力が要求されます。

水晶占いをするためにはどういった道具が必要なんでしょうか?

水晶玉のサイズは直径で5cm以上から10cm以上が望ましいです。

ある程度のサイズが必要なのは、小さければ水晶玉の映像が見えにくいからです。

色は透明で球体か楕円形の水晶で天然のものが理想的です。

そのような水晶はとても高価ですし入手するのも困難です。

代用品といて水を入れた大きなビンやグラスを使う占い師もいます。

水晶占いの歴史は16世紀ヨーロッパから始まりました。

その後、17世紀のイギリスで大流行したのです。

当時は球体ではなく、卵型の水晶が使われたようです。

もし、あなたが「水晶占い」での電話占いをご希望であれば、人気の電話占いサイトをご覧になってみてください。

「水晶占い」であなたのことを占ってくれる占い師さんが在籍されているかもしれません。

アド=ソウルナンバー

タイトルとURLをコピーしました